« 春の訪れ | トップページ | 生ものおもちゃ。 »

一つの区切り

Dsc01022_2 

 

こんにちは!

 

おかげさまで無事年度末を乗り切り、また再スタートを迎える事ができました。

 

まだ雑務はありますが、ほっと一息でございます。

 

そんなこんなで、

 

Dsc01023 

 

我が家の桜が散り始めた4月4日、

 

Dsc01047


にゃん様の遺骨を土に還す納骨をしました。

 

桜の木の根元に穴を堀り、

 

小さな、小さなお骨を骨壺から取り出し、

 

白いハンカチで包み、

 

お花と一緒に収めました。

 

Dsc01048


家族みんなで土を掛けて、感謝の言葉と再会を約束しました。

 

Dsc01050


きっと毎年、桜が咲くと思い出すのでしょうね。

 

さて、私はと言うと

 

年度末を乗り切らなきゃいけないと言う事もあり、けっこう気持ちは落ち着いていました。

 

それに親しくさせて頂いている「とある力」をお持ちの方から

 

やはり

 

「思いを残す・引きずる」

 

のはにゃん様にとって良くないというアドバイスを頂いたからかもしれません。

 

それに、私の中では

 

「解放してあげたい」

 

と言う気持ちが強いせいだと思います。

 

Img_2285

 

いろんな苦労をさせてしまった

 

魂になってまでも縛りつけたくないという表現でしょうか?

 

Img_5243

 

もう一つのアドバイスもあったのですが、

 

これは同じ境遇の方にはちょっと苦しい事かもしれないので伏せておきますね。

(もし知りたい方がおられましたら、コメント覧にてお知らせ下さい)

でも思い出は思い出のままに、

 

楽しかった日々をちゃんと残していこうと思ってます。

 

これで一つ、区切りがついたかな。

 

Dsc01054_3 

 

思い出をさりげなく残せるフォトフレームを頑張って探しました! 

 

まあ、これぐらいは、ねheart04

 

Img_6335


heart01heart04heart04heart01本当にいいオトコだったなheart02heart01heart01heart02

 

さてさて、

 

 

薄チャトラーズは春を満喫しております。

 

Dsc01025

 

Dsc01028_2 

 

じゃれあうとどっちがどっちか分からなくなる(汗)

 

Dsc01036


にゃん様がいなくなって、ちょっと我儘度が増している茶汰sun

 

Dsc01041 

 

Dsc01043_2


甘えん坊になっております。

 

Dsc01031 

 

Dsc01034_2 

 

ヤタは相変わらずわるさごヤタです。

 

そして〆の

 

Dsc00964 

 

 

Dsc00966

 

のまま━━━☆・‥…ψ(`∇´)ψ・‥…━━━☆!(笑)

 

お後がよろしいようでnote

|

« 春の訪れ | トップページ | 生ものおもちゃ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

良いフォトフレームですね。
私もさがしてみようと思います^^
それと私はまだ区切りをつけられずにいます。
きっとアラレにとっても良くないことなんですよね?
アラレの為に教えてください。

よろしくお願いします。

投稿: ちびほ | 2013年4月 9日 (火) 17:41

ニャン様は自然にかえっていったのですね。
何時かは別れる時が来ると判って居てもせつないものですね。 我が家でもとうさんをお墓をつくってあるのですが、まだ寒いからとか何とか訳の判らない理由を付けて1日のばしをしていましたが今月の末に納骨をすることにしています。
茶太君もヤタ君も区別が付かないおおきさになってますね。我が家のおはなとフーも一寸見ると良くまちがえて仕舞うので、おはなには鈴を付けて、ふーには付けず区別して居ます。
はー子ちゃんはいよいよ狩りのかいかきですね。わが家にもチュウサンが縁の下に住みついて、今ではフーの大事な友達になって居ますが私としては一日も早く何処かに引っ越しをしてもらいたいのです。ジーコは体は大きいが全然役に立たず、おはなだったら気の強い子だからと思うけど、外には出さないのでもう暫くは、フーの友達でいてもらいます。

投稿: zikozaemon | 2013年4月 9日 (火) 19:39

ご無沙汰しております。
過去記事を見て、涙してしまいましたweep
でも、いつかは「その日」がやってくるのだし
避けては通れない道なんですよね。。。
ウチのも、だんだん年をとってくるし
久しぶりに見た親戚からは「年取ったね」と言われ
少々凹んでいます。
昨年末近くには、突然体調を崩し
しばらくの病院通いとなりました。
猫が元気になったと思ったら、今度は飼い主の自分が
体調を崩し・・・と、どこか見えないところで
つながってるのかな~なんて思ったりします。
「吹っ切れない思い」それは、それで
いいのではないですか?
無理に区切りを付けることはせずに
心の赴くままでいいと思います。

投稿: マリー・ミミー | 2013年4月 9日 (火) 23:17

★ちびほさん★
↓のマリーミミーさんの言葉にちょっと気づかされました。
ちびほさんにはこちらのほうが心に響くかもしれませんね。
私は自分を奮い立たせる事で自分を保っている部分があるので、マリーミミーさんのコメントを読んだとき、ああ、そうだなぁ。と思い直しました。

メッセージ、読んで頂きありがとうございました。


★zikozaemonさん★
床下のお友達さんは元気ですか?(笑)
ご主人のご遺骨、実は私も本来なら4月2日だったのですが、寒い&暴風雨だったので2日延ばしました。
やっぱり寒い所に納めるのはちょっと気が引けましたので。


☆マリーミミーさま☆
愛するペットを見送るのは飼い主の義務とは分かっていてもやはりその時を見送るのはキツかったです。
でも、見送る事が出来たことで心が落ち着いているような気がします。
魂が空に還る瞬間をちゃんと見せてくれたにゃん様に心から感謝です。

にゃん様はどんな時も、私を成長させてくれる、親であり、子であり、大きな存在だったなぁ。。。と思います。

>「吹っ切れない思い」それは、それで
いいのではないですか?
このメッセージ、嬉しかったです、
ありがとうございました。

投稿: 山里 | 2013年4月17日 (水) 10:29

山里さん、こんにちは。ブログ更新してくださり嬉しいです。4月1日の早朝にハナちゃんが19歳で虹の橋に逝
きました。

はーこちゃんは、はなちゃんでしたね。うちはカタカナです。室内飼いなので、ハンターではありませんでしたが、気の強い孤高の女王様でした。

私もハナちゃんに沢山の事を教えてもらい、支えられました。もういないと思うと胸が苦しくなります。ただ6匹の猫達がそれぞれ私を笑わせ、朝から起こして、働く気にさせ、生きる活力になります。

お天気が不安定なので、体調には気をつけて御自愛くださいね。では、次回の更新楽しみにしています。
わたしは茶とらーずのファンです!
可愛いですね。

投稿: アビちゃん | 2013年4月21日 (日) 01:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の訪れ | トップページ | 生ものおもちゃ。 »