« おひさです。 | トップページ | 冬の気配 »

ヤタのこと。

みなさん、大変ご無沙汰してしまいました。

 

Dsc00068 

 

色々と仕事に、私事が重なってしまい更新する気力がゼロになってしまいました。

 

Img_8076

 

実はこの9月に

 

Dsc00288 

 

長寿で表彰された義祖母は天寿を全うし、

 

一か月前に三回忌を終えた義父の元へと旅立ちました。

 

Dsc00292_2 

 

そんなこんなでまだ忙しいのですが、このままずるずると更新せずにいると

 

死滅してしまいそうなので、更新です!!

 

さて、先ずは気になっているでしょう、アレ

 

Img_8121 

 

今日も元気だsign01ステキなヤタさんsign03

 

Img_8122 

 

すが、

 

うちの三男に迎える事にしました!!

 

Img_8069

 

迎えるにあたっては

 

かなーーーーーーーり悩みました。

 

うちで飼う事を前提に保護した訳ではないので、

 

一度前例を作ってしまうと、今後の保護活動に影響が出るんちゃうか?とか

 

shineはーこ姫shine

Dsc00058 

 

との

 

相性が最悪shockshock(一度がっちゃんして毛と尿と私の血液が飛び散る大惨事となった)

 

なので、今後一緒に生活できるかという不安。

 

あと言い出せばキリがないです。

 

だーーーーって!

 

最近ネガティブもどん底のレベルなんだもん!

 

まあ、そんなネガティブの嵐が吹き荒れる我が家でも

 

ヤタさんヤタさん

 

Dsc00260

 

笑顔と

 

Dsc00017 

じっと見つめ隊結成(@ちゃとらとはちわれ&くるねこ大和)

 

緊張感

Dsc000161_2 

 

を家族に与えてくれてたし。

 

それに今まで4人のコを保護しましたが、そのコたちはするりするりとご縁が繋がっていましたから、

 

きみどりさんも、ブログにておっしゃってましたが

 

『猫は自分で里親さんを呼ぶ』

 

その通り、

 

ここまでご縁がないって事は

 

何かしら、うちに引きとめようと

 

目に見えない力があるんだろうと思います。

 

Dsc00327

み~えな~いち~から~がぁnote

 

故に、ここで里親募集にケリをつけ、

 

Dsc00317
歴代のポスター・最後のはご報告

 

山里家三男、末っ子ヤタとして

 

一緒に過ごす事に決めました!!

 

Dsc00326

 

今まで応援して下さっていた皆様、本当にありがとうございました。

そしてこれからもヤタの成長を見守って頂ければありがたいです!!

 

Img_8124

|

« おひさです。 | トップページ | 冬の気配 »

保護猫日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

里親募集」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。 
お義祖母さんの事、お淋しいでしょうね。
わが家も3月に主人が旅立ってしまい、丁度忙しさが少し一段落をしたせいか、半年も経って今頃ジワッと落ち込みがきています。
何をしてもうわの空、コメントを書けば誤字だらけとつくづく自分が嫌になっていました。
でもそんな時に学生時代の友達とか、ブログの皆さんから気を使って頂き、わが家の3猫が居たお陰で寝込む事も無く、「時が解決して呉れる」といいますが本当ですね。 わが家ではフーがまだ子供のせいもあって私の気持ちをほぐして呉れて居ます。ジーコはとうさんっ子でしたから、暫らくはにゃーにゃーと鳴いては、私を切ながらせ手居ましたが今は父さんの代わりに息子に大甘えでいます。 おはなははー子ちゃんでは無いけど、フーの受け入れに3ねんかかりました。それでも最近は何とか傍に来ても喧嘩にはならなくなったと言うか、逆転でフーの方が威張っているようですよ。
ヤタちゃんはよかったですね。 私は絶対に山里さん家の子になるとおもっていました。
ハイエナの様なフーと違ってあんなにかわいい子ですもの、回虫が居たのはフーも一緒でしたね。今はわが家の天下様でジーコまでやられています。
でも、生き物を飼う事は大変ですね。ジーコは糖尿で2年の居の地と言われていましたがもう3年も元気で居ます。注射は朝晩ですが嫌がらずさせてくれていますし、これでもう少しおはなやフーの療養食を横取りしないで呉れればいいのですが・・・
ヤタくんの事、とても嬉しかったです。

投稿: zikozaemon | 2012年10月 1日 (月) 13:40

こんにちは。
義祖母様のご冥福をお祈りいたします。
最近特に思うんですが、順番とはいえ縁あって自分と関わりがあった人の命が消えてしまうというのは本当に辛く淋しいことですね。
歳を取るごとにこういうことが増えてくるのもつらい・・・

ヤタちゃん、三男坊決定うれしいです。
ウチの今の状況で、ご協力できなくて申し訳なく思っています・・・
でも今思えば何となく最初から山里家の一員になるような気がしてたような気も(^^)
しかし尿が飛び出るとはどういうことなのか全く想像もできません・・・(というか誰の尿が飛び出たのか?山里さん?)

投稿: みゅう | 2012年10月 4日 (木) 13:00

zikozaemonさま♪

いつもコメントありがとうございます。
祖母についてですが、ここ3年は家にいなかったのであまり接点がなかったものの、やはりさびしいですね。
でももともと100歳越えのおばあちゃん、生き仏みたいな風格をお持ちでしたので、それが本当に仏になった感じ(笑)でこれからは見えない形で見守ってくれてると思う事にしています。

>ハイエナの様なフーと違ってあんなにかわいい・・・で吹き出しました(爆)
いや、うちのヤタさん、見かけはあんなに可愛いですが、やる事は本物のハイエナですよ。
もう、目を離せない!
でもそういうコほどかわいいのですよ・・・heart02

みゅうさん♪
コメントありがとうございます。

私の年齢にしては近しい人との別れが早すぎるような気がします。
ましてここは超高齢化の町。
結婚して知り合った方々がもう、何人旅立った事でしょうか。。。。

憎まれ口を叩かれた方、惜しまれて逝った方、後者が祖母、義祖母、義父になりますが、私もこうありたいと毎日を、誠実に精一杯生きて行こうと思う今日このごろです。

そしてヤタ、やはりこうなりました(笑)
あんなに手のかかる、わるさごヤタはさびしくなった我が家にはぴったしなんでしょう(爆)
これからもよろしくお願いします!!

猫のケンカ、あまり激しいのはご存じないでしょうか?
かく言う私も家庭内であんなケンカは初めてでした。

詳細↓

いつもはーこは日中離れ(山里夫婦・はーこの城)にいないのでヤタを部屋で遊ばせてた
(茶トラ組は母屋)

→そしたらその日、たまたまはーこが押入れの中で寝てた
→ヤタ、はーこに気付く
→はーこ逃げる(ここで私気付く→焦る)
→ヤタ、はーこを追いかける
→ヤタが脱走しないようキャットドア封鎖の為はーこ外に出れない
→はーこパニック
→ヤタ追い詰める=はーこ逃げる

→対峙してヤタとはーこが大ゲンカ
→宙で絡み合う二人、はーこの怖ションとお互いの毛が飛び散る
→止めに入る私の手、腕を引っかかれる
→私流血・・・って事です。。。。

投稿: 山里 | 2012年10月 5日 (金) 11:35

激しい猫のケンカって見たことないんです~(^-^;
せいぜい頭ポコポコ叩き合うくらいのしか・・・
しかし状況を伺うとスゴイですねぇ。
私はてっきり、はーこちゃんがヤタちゃんを・・・と勘違いしてました。
パニックになるとさすがのはーこちゃんも漏らしちゃうんだ(;ω;)
山里家に君臨する女ボスはーこちゃん、おコちゃまに負けるなよーψ(`∇´)ψ

投稿: みゅう | 2012年10月 6日 (土) 13:38

みゅうさま

YouTubeで検索すると出てきますよ。
けっこうハードです(汗)
やっぱりはーこは女の子なんで、自分の身を守る為に威嚇するだけで(その威嚇が超恐ろしいですが)、逃げる事の方が多いです。

ヤタは若さ故なのか、ただ単に無鉄砲です。

投稿: 山里 | 2012年10月18日 (木) 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おひさです。 | トップページ | 冬の気配 »