« トリプル茶トラなう。 | トップページ | From 愛しきにゃんず。 »

音楽の話。

岡山より、薄茶トラ猫(♂)の里親さん探しております!!

 

Img_3069


かわいいヤタさんをよろしくお願いします。

 

詳しくは「岡山より里親募集」 ←クリックして下さい。

 

ではしょっぱなから

 

Img_3884 

 

今日も元気だsign01

 

Img_3898 

 

かわいいヤタさんsign03

 

Img_3895 

 

ご縁よコイコイnote

 

歯肉炎も落ち着いて、出血も見られなくなりましたヨup

 

が、

 

アタシがちょっとおかしい事になっている。

 

前回のブログ更新前、26日の水曜日。

 

夜におもっきりくしゃみを放出。

 

そしたら顎が

 

「ゴキッ」

 

と今までに聞いた事のない音と共に

 

激痛が脳天を直撃thunder

 

それから左顎、こめかみのちょい下が痛いんですわshock

 

口開けたら痛いんですわshock

 

もともと、顎が良く鳴るほうだったので

 

「顎関節症」だろうなと気を付けてはいたんですけどねぇ。

 

来週になっても痛みがひかなかったら病院でございます。。。

 

さて、そんな山里ですが、

 

顎音つながりと(笑)芸術の秋にかけて

 

今日は音楽の話をば。

 

思い出話と共にお読みくださいませ。

 

 

もともと、山里実家は音楽好き。

 

姉と共に小さい頃からオルガン・ピアノ・合唱団活動・吹奏楽と

 

何かと音楽に触れて育ちました。

 

合唱団は確か小3~中1までやったかなぁ?

 

その中でも覚えてる曲があって

 

 

「もしも私が風だったら」

「合唱、四季」

「星の神話」  だったかな。

 

題名は違ってるかもしれませんが、 「もしも私が風だったら」

 

もしも私が 風だったら

 

かもめ 飛んでいる 青い海

 

潮の香りを はこんであげるのに 

 

これは最初のワンフレーズですが、これが記憶に残っていて、

 

確か 病気で寝ているお母さんに、子供が

 

おかあさんの喜ぶことをしてあげたい

 

お母さんの事をとても思っている歌だった覚えがあります。

 

「合唱 四季」はヴィヴァルディの四季曲に歌詞を付けたものです。

「星の神話」は星座にまつわる神話を歌にしたものだったかなぁ・・・

 

上記3点を動画で探したけどなかった。

 

いい歌なので、もし動画が見つかったら掲載しますね。

 

んで、中学になると吹奏楽部でフルート吹いてました。

 

吹奏楽と言えば某テレビ局でご存じの方も多いとは思いますが、

 

「 コ ン ク ー ル 」 ですよ。

 

今でも背中がぞっとする(笑)

 

課題曲と自由曲があったんですが、

 

しかしながら

 

覚えてるのは自由曲のみという記憶力のなさ(笑)

 

1年生の時はフルートでは参加せず、パーカッション。

 

しかしこの時演奏した楽器が変わってるわ、目立つわと、

 

「ムチ」っていうんですけどね、

 

白木の板を合わせてシンバルのように鳴らすんです。

 

まあ、目立つ目立つ。

 

動画があったのでどうぞ

「呪文と踊り」

(2:31でなる音がムチ。しばらく見てるとメガネをした男性が鳴らしています)

 

あれから19年近くたつのに、リズムは体に刻み込まれて残ってるんですよね。

 

動画見ながら、緊張した(笑)

 

で、3年の時の自由曲「プスタ」

 

(おっちゃんの咳が気になる・・・)

 

この曲、かなりテンポが速く、難しかったです。

 

結果、練習のしすぎで学校の備品であったピッコロを壊しました。

 

しかも2つ ┐(´-`)┌ 先生ゴメンナサイ

 

それに加えて、あまりのプレッシャーにハゲました・・・・(マジ話)

 

自分たちの演奏したテープがあるのはあるのですが、何しろテープですから

 

もう聞く事は難しいでしょうね。

 

 

で、その当時、吹奏楽の先輩方でで大ブームだったのが

 

 

「CHAGE & ASKA」

 

某ドラマの主題歌で人気急上昇!(先輩方はヒットする以前より好きな人が多かった)

 

姉と母はコンサート行ってました。

 

私も好きなのは好きでしたが、

 

当時、姉と母に変な反発があって表に出すことはなかったです。

 

でも、何十年たった今でも好きです。

 

元気な時も、凹んでいる時もずっと聴いていました。

 

特に凹んだ時はこれが効く~happy02

 

その中で何曲か、セレクトしてみました。

 

 

ASKAさんのソロから。

 

「月が近づけば少しはましだろう」

 

これはオーケストラバージョンですが、これ聞いたときに

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

 

って思いましたよ。

 

オーケストラに負けない、そして調和する声を持つアーティストは彼だけでしょう!

 

それにこの歌詞・・・・

★-1995年TUG OF C&A会報3月号より-(ASKA)

 

誰もがもつし、誰もが経験して、誰もが思っていることが僕にもあるってことです。 

 

この詞に関しては、深くコメントする気持ちはないんだけど、ただ一生こういう経験というのは、繰り返し味わいながら生きていかなければいけないんだろうなと思います。

 

繰り返すわりには、過去どうやって切り抜けてきたかなんてのはあまりヒントにはならない。いくつになっても胸を傷め続けていく。

 

これも生まれてきた試練のひとつなんだと思います。

 

レコーディングでは、僕がいつも思っている

 

“メロディーで歌うな、歌詞を打て”という言葉が、実行できたような気もします。★

 

深すぎる、深すぎるよASKAさん!!

 

発表されてから何年も経ちますが、iPodに入れて毎日リピしてます。

 

あとC&Aから

 

「NO PAIN NO GAIN」

 

★-1995年TUG OF C&A会報7月号より-(ASKA)

 

“痛みなしでは得られない”という意味です。

 

~中略~物事が進まないからと言って、その瞬間で答えを出してしまう、マイナス感を否定する歌です。

 

まだやれる、まだ可能性はあるという、いつだって持ち続けてきた気持ちを込めました。★

 

私はこの曲に何度も助けられました。

 

どんなに辛くても、凹んでも、もう一度、踏ん張ってみようと思える曲です。

「PRIDE」

当時中学生だった私に、この歌詞は深すぎました。

 

それでもずっと心に残っていて、

 

大人になった今、この歌の持つ意味を分かりかけてきているような気がします。

 

CHAGEさんのハモリがぐっときますshine

 

でも、はもってないCHAGEさんの歌声もいいんですよ。

 

「終章~エピローグ~」

 

あっしのカラオケ定番曲です。(ただし絶対盛り上がらないので注意)

 

こんな経験はありませんが、本当に切なくなります。

 

この曲と対になっている「嘘」も大好きです。

 

 

まだまだ沢山ありますが、このあたりで止めときましょか。

 

ちょいちょい小出しにしよ~っとhappy02

 

よく考えたら、私の生まれた年にデビューしてらっしゃるんですよね。

 

それでも彼らの作る音楽は私の胸に届いて、共鳴していますlovely

 

今はC&Aとしての活動は休止されてますが、

 

再開されたらコンサート行きたいなぁ、と思ってます。

 

 

 

 

最近ココログにYouTube動画を埋め込むやり方が分かったので

 

(警告などがない限り)他のアーティストや洋楽、

 

もちろん吹奏楽なんかも入れていきますので

 

よろしくお付き合い下さいませ。

 

紹介した中に気に入った曲があれば嬉しく思いますheart01

 

|

« トリプル茶トラなう。 | トップページ | From 愛しきにゃんず。 »

病(にゃんず)」カテゴリの記事

病(ひと)」カテゴリの記事

里親募集」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

いやあ~、懐かしいですわ、C&Aのエピローグ。
ワタシもチャゲアスは初期から知ってます。
まだ小規模だった市民会館のコンサートも行ったよ。
この曲で涙したのを覚えています。

私は子どもの頃からピアノをやってて、合唱もかじって、高校は軽音楽にはまりまくり、自分のバンド(女二人のアコースティック)と、先輩バンド(キーボード)掛け持ちしてました。

ちなみに長女は吹奏楽でフルートやってましたよ(中学)で、息子が今軽音でベースやってます。

猫以外でのこういうお話、また知らない部分を知れていいですね!

投稿: きみどり | 2011年11月 1日 (火) 22:42

いやーん、チャゲアス好きやったんですかー?
私も好きだったなー、ライブもガンガンいってましたょ。
カラオケもかなりの頻度でチャゲアスっ!
なつかしーo(^▽^)o
あぁ、あの頃は自由でサイフのヒモもゆるかったわ(笑)
いまじゃナカナカ…

投稿: ニゴの母 | 2011年11月 3日 (木) 23:12

壊れるほど練習なさったのですね、ピッコロ。
顎関節症は、ひどくなると食事出来なくなりますものね、お大事になさってください。

投稿: がっち | 2011年11月 5日 (土) 13:41

その後、顎の痛みは治まりましたか?
ヤタちゃんは随分大きくなって、何をしても可愛い盛りですね。
音楽はどんな楽器も好いですが、私は子供の頃に叔父がアコーデオンを持って遊びに来ては、色々と聞かせて貰ったものです。 学生の頃はと言っても戦後の事、楽器らしいものはあまりありませんでしたので、学校にあるピアノを音楽の先生から許可を貰って、バイエルを少しした事がある位です。
どうしてもお琴か三味線がしたくって、公民館に行き、其処で津軽三味線を習ったのですが、津軽は強く叩きつける様に、そして早くで手頸を痛めて仕舞ったので諦めて・・ 何事も中途半端な私は今はもっぱら聞く方になって、機織りをする時・PCをする時・ビーズ織りをする時と音楽が決まって居るのですよ。 フーが私がPCをする傍で寝る時は子守唄の様に聞いて寝て居ます。止まると頭を持ち上げて、まるで催促しているようです。 

投稿: zikozaemon | 2011年11月 6日 (日) 07:55

こんばんは~
山里さんその後顎の様子はいかがですか?
少しは楽になったのでしょうか?

音楽は心を豊かにしてくれますね。
もちろん自分で奏でるもよし、聞くもよしですね。
私はピアノとフルートを少しやります。
山里さんもフルートやられるのですね。

ヤタちゃんのお写真借りて私のブログのサイドバーで里親募集の記事書かせていただきました。
事後報告ですみません。
素敵なご縁があるといいですね。

投稿: たまちゃん | 2011年11月 6日 (日) 20:32

☆コメントありがとうございます☆

きみどりさん♪

きみどり一家はやはり文化系でしたか!
芸術関係強そうですもんね。
軽音楽にはまっていたとは、やはりその当時の時代背景からでしょうか?(笑)
これから時々ネタを入れていこうと思ってます。

ニゴママさん♪

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
やっぱりママさんとは気が合うわ!
この出会いは運命だったのかしら?(笑)
再活動したら、子供はおかーさまに任せてコンサート一緒に行きましょうね♪

がっちさん♪

ピッコロといい、吹奏楽での事。
今ままでの人生であれほど努力した事はないとおもいます。
とてもいい思い出&経験でした。
関節症、今は良くなってます(=^・^=)

zikozaemonさん♪

ご心配いただき申し訳ありません、顎はだいぶ良くなってます。
今でこそ当たり前の事が、ママさんの時代、ゆっくり音楽を楽しむなんて環境は贅沢だったのでしょうね。
私も関節炎になってしまったのでフルートやピアノ演奏からは遠ざかってしまいましたが、やはり聞く事は止められませんね。
にゃんずも聞く事を楽しんでるみたいですね。

たまちゃんさん♪

リンク貼って頂きありがとうございます!
なかなか良縁が得られず苦戦しておりますが、応援して下さってる方の為にも、諦めず頑張りたいと思ってます。
フルートを演奏されるのですね!
私は関節炎になって以来遠ざかってはいるのですが、いつか時間が出来たらまた練習して吹けるようになりたいと思ってます。

投稿: 山里 | 2011年11月22日 (火) 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トリプル茶トラなう。 | トップページ | From 愛しきにゃんず。 »