« マイナス思考にナナフシを。 | トップページ | 避難対策とヤタ。 »

バージョンアップと絆。

あ、さてさて

 

Img_2700


ワクチン接種一回目が終わったヤタ

 

Img_2647_2 

 

台所でラリホー中upup

 

 

Img_2644 

 

扉・開閉待ちのにゃん様と再会。

 

Img_2643 

 

にゃん様、顔で威圧・・・・

 

Img_2648

 

ちょい賢くなったKYヤタ

 

低姿勢で送り出しました(笑)

 

ここ最近のヤタ

 

Img_2699 

 

コクシも落ちて栄養がちゃんと体に吸収されるようになったせいか、

 

体力も倍増(8/31現在1.9k)

 

次の段階として社会性を身につけさせる必要があるかな?と思い

 

一日に何時間か茶汰と遊ばせています。

 

それが効したのか

 

最近バージョンアップしているヤタでございますhappy01

 

そんなヤタの本当の家族になってくれる方を

 

絶賛募集中です!!

 

 

さて、、、、

 

今朝、突然に隣の家からコンクリを切る爆音がshock

(予告なしだったのでびっくりして飛び上がりましたsweat02

 

Img_2806

 

そんな日に限って、外は雨の、ご在宅。

 

Img_2808

         ちょ~やかましんですけど

 

騒音ストレスはきつい。泣けてきた・・・

 

そんな気持ちを落ち着かせる為、とちょっと戯れてみました。

 

 

 

姫も騒音と私の不安が通じてしまって、鳴いていたんですけど、

 

徐々に落ち着きだしました。

 

もちろん私も落ち着きました。

 

 

こういう時、やっぱりお互いの存在の必要性をひしひしと感じます。

 

愛が深まった騒音騒動でした(笑)

|

« マイナス思考にナナフシを。 | トップページ | 避難対策とヤタ。 »

保護猫日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

里親募集」カテゴリの記事

コメント

ヤタちゃんは少し顔が丸くなって来たようですね。
猫は急に大きな音を聞くと、怖がり腰が抜けた様な歩き方をしませんか?
わが家のお隣は大工さんの作業小屋ですから、喧しいですが今は体調を崩して仕事をしなくなりほっとして居ましたのに、昨日は仲間の大工が何やらガァーガァーとしてました。裏は銀行の駐車場休日は近所の子供がサッカーのボール蹴り、あれは家の中に居てもいらいらしますね。
にゃん様はヤタちゃんは嫌い? はーこちゃんは?
茶太クンだけは大丈夫なんですね。わが家のフーも大威張りでおはなを脅しては一目散に逃げたりして居ます。 そちらは台風の影響はどうですか? こちらは風が強いですが、雨は降らずです。 さっさと何処かに行って欲しいですね。

投稿: zikozaemon | 2011年9月 2日 (金) 16:22

始めまして、うちの猫ルナ&サン、シンちゃんのブログ経由で訪問しました。
うちにもきじトラの15歳になるもみじ(♀)がいます。 この猫は前の公園で拾ってきました。 手のひらに乗るくらい小さかったので生後1週間くらいだったと思います。 最初は同じようにウンチに虫がいっぱい!だったりのみが運動会やってたりでそれはそれは大変でした。 そのときにもう1匹白い猫(たま♀)を飼っていたのですがこの猫も残り物みたいで結構育ってました。 それにすごく不細工な猫でしたがもらってきた時には下痢しており早速病院通いでした。 それに歯の成長が悪く結局たまは歯で寿命を縮めてしまいました。 12歳でぼろぼろになって死んでいきました。 頭のいい猫でとても大好きだったのでショックです。
その前にもお友達に譲ってもらった野良猫が生んだきじトラ猫を引き取ったのですが、この猫が猫白血病で3ヶ月くらいで死んでしまいました。 ウィルス持ってるだけで発症しなければいいのですが発症すると直す薬がないから微妙ですね。
私前々から茶トランちゃんを飼いたいと思っていたので顔見るたびに喉から手が出そうなくらい「う~~~、飼いたい。」と思うのですが以上のような事情で勇気がありません。 ごめんなさい。
でもまた遊びにきますね。

投稿: Shychan | 2011年9月 3日 (土) 10:35

zikozaemonさん♪
 
そうですね、猫さんは大きな音にはびっくりして腰を低くして逃げていきますね。
ちょっと獲物を狙う格好と似てるような気がします。
にゃん様もはーこも嫌いというより、にゃん様はうっとおしい、はーこは得体の知れない存在ととらえているみたいです。
 
 
Shychanさま★
 
初めまして。ご訪問ありがとうございます。
Shychanさまも病気の猫ちゃんと暮らされていたのですね。
ヤタは運がよかったのか、まだ発症せずにすんでますが、あのまま野良で外で過ごしていると同じような運命をたどっていたのかもしれませんね。
こうやって元気に育っているのを見ると病気の事なんか忘れてしまいます。

見守ってあげて下さい!

投稿: 山里 | 2011年9月14日 (水) 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイナス思考にナナフシを。 | トップページ | 避難対策とヤタ。 »