« 避難対策とヤタ。 | トップページ | まめに更新中。 »

ヤタの治療記と動画放出!

みなさん、こんにちは!!

岡山より、薄茶トラ猫(♂)の里親さん探しております!!

 

Photo


かわいいヤタさんをよろしくお願いします。

 

詳しくはこの下の記事をお読みください!!

 

さて、全然アクションがないヤタさんですが(笑)

 

Img_2704_2


最近のブームは新聞破り。

 

Img_2707 

 

かわいいんだけど、破ったページが「1歳になりまちた!」だったので

 

ブログ掲載するか迷ったのですが、

 

Img_2708


やっぱり

 

Img_2709


この破く顔がかわいいので、載せちゃいました。

 

写ってる赤ちゃんのご親族の方、お許し下さいsweat02(アタシも必死なんです~)

 

今日も元気だsign01

 

Img_2531

はーこが放置していたモグラに大興奮)


かわいい
ヤタさんsign03

 

Img_2540_2

 

ここまでなるには長ーい道のりが。

 

参考になれば、と

 

私がした対処法と治療についてお話します。

 

ついでにたまってる動画も大放出!!

 

まず、回虫・こう虫

 

これはレボリューション6%滴下で簡単に駆逐できました。

 

2回になってしまったのは

 

ヤタのしっぽがかなり長いうえに、骨折により足を上げるのもままならず

 

Dvc00524 P1050201
ヤタ             2008・6月保護ニゴ

(ヤタとニゴで見比べて・・ても分からないかdown

 

下痢と血尿排便をする度に汚れてしまい

 

あまりにも不衛生だったので洗ってあげてました。

 

首回りは避けてたんですけど、どうもそれで効果が薄くなったみたい。

 

ヤタのあのミミズみたいになってるしっぽは下痢と血尿により毛が固まってた)

 

その頃の動画

 

 

6291_3  

 

6/29、保護から3日目のヤタ

 

6292 

最初は保護ズが使っていたトイレを使ってましたが、

 

けっこう段差があるので

 

Img_1970_3


ちょい丈夫そうな菓子箱のフタの上にペッシートと砂をまいてトイレにしました。

 

それでもケージ内はすぐウンコまみれになるので(血尿は一週間ほどで止まった)

 

ペットシート変えたり・消毒したりとああ、大変sweat01

 

しかもその頃のヤタさんは、食が細い細い・・・

 

74_2

7/4

 

前の本村ブラザーズの食べっぷりと比べると雲泥の差shock

 

少しでも栄養価の高いものを選んであげてました。

 

 

さてさらに大変だったのがコクシジウム

 

このコクシさん、顕微鏡でしか見えない小ささ。

 

猫の体内に常駐してるヤツではあるんですけど、

 

本体が弱ったりしてると急に主張してくるヤツ。

 

 

またその主張がしつこいんだ!!

 

まず、普通の消毒薬では死なない。

 

熱湯じゃないと死滅しないっていう、まるでムカデみたいなヤツ。

 

そのムカデみたいなヤツは

 

排便時に卵のような状態で出てきて、時期孵化して空気中に漂う・・・・

 

しかも卵から感染体になるのが早い!(気温25℃だと1日で感染体になる)

 

だから、排便したらすばやく処理するのが大前提。

 

1日の終わりにはトイレと砂を入れ替えて熱湯消毒。

 

もちろんベットにしてる容器とタオルも熱湯消毒の上、手洗いsweat01

 

Img_2803


ケージ内には新聞紙を敷いてすぐ取り替えが出来るようにしました。

 

さすがにケージまでは毎日の消毒は無理なので、4~5日に一度洗車機(お湯が出るタイプ)をかけてました。

 

本体への投薬は白いどろどろの液体(サルファ剤)を

 

体重に合わせて朝晩2回食後にあげてました。

 

その頃

 

 

それでもなかなか消えないコクシジウム下痢ウンコ

 

最初は私の消毒のやり方が悪いのか、投薬の仕方が悪いんかと

 

これ以上、何をどうすりゃええんじゃ~ ( ゚皿゚)キーッ!! 

 

と、泣きながらケージを掃除してましたけど

 

白血病のせいと分かり、ちょっと一呼吸。(しちゃいけないんだろうけどcoldsweats01

 

治療が終わる頃には容器いっぱいにもらっていた薬がなくなってました。

 

その頃にはヤタさん

 

722_3  87_2
7/22                    8/2

 

たくさん食べて元気はつらつ!になっていました。

 

動画

 

 

そして今では・・・

 

 

Dvc00650 Dvc00651


体重2K越えして、すくすく大きくなってます~heart01

 

動画

 

 

あとは足だけ。

 

さあ、まだまだ頑張るぞup

 

ちなみに治療にかかったお金

 

6/27~8/31合計:\50,199でしたdollar

 

 

 

 

あの時期、無神経な人々がアタシを踏みつけてくれていたので

 

秘めた怒りと悲しみが溢れ出そうになるのを必死で止めて、抑えてと

 

辛い毎日でした。

 

それでもアタシを慕ってくれる瞳があって、そこにまた小さな瞳が増えて

 

それにどれだけ救われたか・・・。

 

やっぱり出会いってのは、何かしら自分にとって意味あるものなのですね。

 

な~んて、ちょっとクサいわぁ ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャヒャ

|

« 避難対策とヤタ。 | トップページ | まめに更新中。 »

保護猫日記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

病(にゃんず)」カテゴリの記事

里親募集」カテゴリの記事

コメント

ヤタちゃん随分と元気になりましたね。
最初の動画の鳴いて居るヤタちゃんを見て居て涙が出てしまいました。 フーもそうでした。不安で一人にするとピイピイと鳴いて、ひと晩中抱っこして私のパジャマをおっぱいを吸う様にして寝て居た事をおもいだしてしまいました。 でもヤタちゃんの後の動画を見て居て、足が悪かったなんて殆ど判らない感じですね。 新聞破りはおはなが良く家の子になったころやっていました。 おはなも3カ月位でしたが、幸い虫も病気もなかったし、ジーコが連れて来た子ですから、良く面倒を見て呉れて居ました。でもフーは「招かざる客」の様に特におはなは凄かったです。フーは回虫が居て完全に居なくなるのに時間がかかりましたね。もう3年になりますが、ふーとおはなは相性が今一です。ヤタちゃんは尻尾が長いのですね。わが家の猫達もみんな尻尾はスラリとしています。 治療費も人間の何倍もかかりますね。ジーコの糖尿病の朝晩のインシュリン注射、おはなの尿結晶・フーの膀胱炎・療養食・予防注射と年金生活のわが家は病院に行くたびにひやひやものですが、飼った以上はどの子も大事な家族ですから仕方ありませんね。
フーはすっかり私を母親と間違えているようですよ。私も廻りから色々言われました「自分の年を考えろ」なんてね。
「猫が居るから・・」と家にも来なくなった人も居ます。 人それぞれ言いたい人には言わせて、私はジーコたちのお陰で沢山の別の素敵なお友達をもらったのだからと思っています。
ヤタちゃんも、見違えるほど元気になって・・・・山里さんも此処まで来るのは大変だったでしょうね。
留守の時に私のパジャマを枕に寝ている姿を見たり、「帰って来るまで一度も起きないで寝ていたのに玄関のあく音で起きて来た」なんて聞かされると、とても幸せな気分になります。
モグラははー子ちゃんからのプレゼント?

投稿: zikozaemon | 2011年9月10日 (土) 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 避難対策とヤタ。 | トップページ | まめに更新中。 »