« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

とうとう・・・

義父の病気から始まった山里家の大殺界。

 

ここでとどめが来た。

 

とうとうはーこ姫が事故にあってしまった。

 

10/30(土)の夜は家に居たのを覚えているのですがその後帰宅せず、

 

11/1(月)の晩にか細い声で帰宅。

 

外傷は見当たらないのですが、シッポはうなだれたまま。

 

11/2(火)病院へ

 

レントゲンを撮るとお尻の付け根辺り、腰椎から仙椎辺り2~3節分が写ってない。

 

先生は多分何かにぶつけられた衝撃でそこの骨が砕けたか、前に押し出されているのかもしれないとの事。

 

だからシッポの骨とのつながりが断裂している+皮膚や筋肉に対するダメージが酷い為

 

最悪シッポが腐れて落ちる、つまりなくなってしまうと診断されました。

 

でも、ここですごいのは骨盤や大腿骨などにまったく損傷が見当たらなかった事。

 

もし損傷があれば歩行不能になったり麻痺が残ったりしたでしょうね・・・

 

 

 

そしてここからが更に shineはーこshine だった。

Dvc00234  

11/2 かなりしおしお

 

Dvc00233 

11/3 ひなたぼっこでエネルギーチャージ(この時点ですでに歩行可能)

 

Dvc00232

11/5 生水でエネルギーチャージ(茶汰に猛烈な威嚇再開)

 

Dvc00231  

11/7(日) 目が輝きはじめる(猛烈な外出せコールを頂く)

 

Dvc00230

11/8(月) ご飯をがっつきはじめる

 

その日、今までの鬱憤を晴らすかのように猛烈な勢いで脱走dash(笑えないsweat02

 

Cimg3565  

11/10(水)先生にの様子を連絡。

 

先生も予想外の快復に笑うcoldsweats01

 

Cimg3564

             毛づくろいも問題ないわよshine

  

シッポが動かない、と言うよりはだらんと垂れ下がっているので

 

走ったりするとぶんぶん振り子のようになるので邪魔かな?と思っていたのですが

 

歩行やトイレは支障なし。(シッポの先にお土産はあるけど(笑))

 

脱毛や壊死の症状も見られないのでなくなる心配もなさそうです。

 

今日の様子↓

 

 
自由飼いにいろんなご意見はあるとは思いますが・・・・
 
 
 
この程度で済んで良かったと思ってます。
 
 
 
じーじが守ってくれたのかな?
 
 
 
・・・・中耳炎のあたしも守って(笑)

| | コメント (11)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »