« 反省 | トップページ | 相変わらずの3にゃん関係。 »

お知らせ。

Cimg2127  

8/25日火曜 朝、

 

外猫ペケが虹の橋へと旅立ちました。(ペケの紹介→  

 

老衰と思います。

 

盆すぎてから何も食べなくなり、

 

24日の朝に道路で倒れこんでいるのを近所の方が見つけて下さいました。

 

本当は姿を隠すつもりだったのでしょうね。

 

でもせっかく見つけたので「このまま家でおればいいよ」と話しかけました。

 

何度か声にならない声で返事をしてくれましたが、完全に意識は朦朧。

 

そして急に冷え込んだ25日朝、誰にも告げず旅立っていました。

 

 

彼はこの家代々続く外猫の血を受け継いだ最後のコ。

 

♂なのに小柄で晩年は歯周病にかかり、好きな物が食べれなかったね。

 

でももう今は痛くないし、体もえらくないね。

 

Cimg2128  

きっと今頃、虹の橋の向こうでポンタやご先祖さんたちと焼き魚食べてるのかな?

 

今までお家守ってくれてありがとうね。 

 

お疲れ様!

|

« 反省 | トップページ | 相変わらずの3にゃん関係。 »

」カテゴリの記事

コメント

せつないですね。 会えば必ず何時かは別れなければならない時が来るのですね。 判って居てもそんな切ない事は認めたくないですものね。
私も何時もジーコたちを見て居ると思います。
私も年ですから、どっちが先に逝くか判りませんが、出来れば私がこの子たちを見送ってあげたいと思って居ます。 冷たい考えかもしれませんが・・ ジーコは多分14・5才ですから私ととんとん位でしょうね。 でも、ペケちゃんは幸せだったと思いますよ。山里さんに見送られて逝く事が出来たのですから・・  山里さんもお辛いでしょうが、はーこちゃん・茶太くん・ニャン様が居るのですから、悲しんでお体を壊さない様にしてくださいね。

投稿: zikozaemon | 2009年8月26日 (水) 19:56

やっとこさ帰省から戻ってきました~!
さっそくのご訪問&コメ、どうもありがとう
ございました~!!って、ご報告とお礼に!!
・・・と伺ったら、まさかの訃報が。

そうでしたか。
外猫さんとはいえ、いつも近くで一緒に
過ごした子。
切なさもいとおしさも、一層の事と思います。
でも。
ずっと愛情を注いでもらって、こんな風に
思いを込めて見送ってもらって、ペケちゃんは
きっと今頃、虹の橋の向こう側でゴロゴロ嬉しそうに、山里さんご一家の方に向かって喉を鳴らしながら微笑んでるんじゃないかな~って思います。そういうお顔して眠ってますもの。
きっとまたいつか、姿をかえて会いに来てくれる
んじゃないかな・・。
そう信じつつ、今はご冥福を心からお祈りさせてください。

投稿: ケイママっち | 2009年8月26日 (水) 21:35

ペケちゃん、お疲れ様。
あっちに行ったら歯も治ってるから、おいしいものいっぱい食べて、ゆっくりしてちょうだいね。

外猫さんだと、やはり自分で身を隠して亡くなることが多いんでしょうけど、そんな中ペケちゃんは見つけてもらって山里家から虹の橋をわたることが出来て、良かったと思います。
これからはご先祖様たちと一緒に、おうちのみんなを見守っていてくれることでしょう。
ご冥福をお祈りします。。。

投稿: にこまる★ママ | 2009年8月26日 (水) 23:13

ぺけちゃん、安らかなお顔をしてますね。
天寿を全うしたんですね。
虹の橋の向こうでも、きっと山里さん一家を見守ってくれていると思います。
ペケちゃんのご冥福をお祈りします・・・

投稿: しっぽ | 2009年8月26日 (水) 23:14

お久しぶりです。
我が家でも、義実家のニャンが
虹の橋を渡りました。
ぺけちゃんみたいな赤猫(方言)です
いつかは来ることなので、笑って見送り。

あっちでうちの、カエちゃんとペケちゃんが
あってるかもね。

幸せな猫生全うです。

投稿: はすのまる | 2009年8月27日 (木) 23:31

ペケちゃん、とてもやすらかなお顔をしていますね
最後を見守ってあげられて本当に良かったですね
山里さんにであえて幸せな人生を送れたと思います
ペケちゃん、お疲れ様
ご冥福を心よりお祈りしています


私事ですが

うちでお世話をしている野良のボスもシニアになりました
若い頃より痩せていてちょっと心配です
最後はぜひ家でと思っていますが・・・

投稿: ポンタ | 2009年8月28日 (金) 09:50

涙がでそう・・・
家猫として一生を終える子
外猫として一生を終える子
同じ命だけれど、どちらが良いのか、猫に聞いてみな
いと分りませんが、ペケちゃんは、きっと自由に本能
のまま生きられて幸せだったと思います

幾度となく、このような猫達を見送って・・・
もっと私に出来る事はなかったのか?精一杯やってあ
げたのか・・・硬くなった身体に触れるたびに反省さ
せられます

我家は完全室内飼いで、それでも死を悟った猫はトイレ
にこもったり、浴室にこもったり・・・本来なら姿を
消そうと遠くに旅立つだろうに・・・

死を覚り、浴室に数日こもり、最期のお別れにとでも
おもったのでしょうか、明け方に私の寝床にお別れに
来て、そのまま力尽きて私の枕元で死んでいった猫を
思い出しました

はぁぁぁ~、何度、経験しても見送るのは辛いですね
うちはまだまだ沢山おりますから・・・頑張っていか
なくちゃ!

小春、お刺身に食いついたのをきっかけにもりもり元気
になりましたが、また今夜、ゲリPでございます
吐いたりしなければいいのだけれど・・・腎臓の働き
が弱いから、身体が大きくなるほど腎臓に負担がかか
るのは仕方がないのですが・・・
まあ、ぼちぼち、けどきっちりと付き合っていきますよ

投稿: 雪猫 | 2009年8月28日 (金) 22:06

ペケくん、天国へ旅立ったんですね。
きっと姿を隠そうとしてたんだろうけど、山里さん家に
戻ってこれてほっとしてると思いますよ。
山里さん一家をはじめ、にゃん様・はーこちゃん・茶汰くんを
天国から見守ってると思います。
ご冥福をお祈りいたします。

投稿: ミー | 2009年8月29日 (土) 00:02

幸せな猫。
もしかしたら山里さんに見送って欲しいと思っていたのかもね。
帰りたくても戻れなかったんでしょう。
安らかに。
うちはミミ緒です。
その時は遊んでやってね。

投稿: チャコ | 2009年8月29日 (土) 10:49

ペケくんの紹介、拝見しました。
代々の外猫さんがいたのですね。
本能から身を隠そうとしたのかもしれませんが
最期は身近で暮らしてきた山里さんの元で
安心して穏やかに旅立てたのではないでしょうか。
自由を満喫しながら一生を全うできた幸せな猫さんですね。
ペケくんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: レオっち | 2009年8月29日 (土) 17:19

コメが遅くなってしまい申し訳ありません。
3日3晩泣いて、やっと何とか落ち着いてきました。
そうでしたか・・・ペケくんが・・・
ひょっとして、虹の橋のたもとでタイガと会っているかも
しれませんね。
今頃は沢山食べたいものを食べて、遊んで
楽しく過ごしているのかな。

投稿: マリー・ミミー | 2009年8月29日 (土) 23:02

コメントが遅くなりました。
ペケさん、ご冥福をお祈りします。虹の国で、代々のご先祖の方たちにも労をねぎらってもらってる事だと思います。ゆっくり休んでくださね。

山里さんはじんましんが出たり、大変でしたね。なおりましたか?
来客は賑やかで楽しいですが、生活のパターンも狂うので疲れますよね。猫さんも生活が変化するので大変だと思います。

最後にペケさん、山里さんにみとられて旅立つ事ができたので、感謝していると思います。

投稿: たまちゃん | 2009年8月31日 (月) 00:47

だめです。動物関係、涙腺フリーです。

いつかは必ず、やってくること。
でも、何度やっても馴れないこと・・・。

だけど、共に暮らす、見守る、ということを選んだら避けて通れないことですよね。

ぺけちゃん、安らかなお顔をしています。
虹の橋で、また。

投稿: きみどり | 2009年9月 1日 (火) 01:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 反省 | トップページ | 相変わらずの3にゃん関係。 »