« 祭りの後。 | トップページ | 秋の大祭のご報告2 »

秋の大祭のご報告1

皆様こんにちは。

 

最近なにげについてない山里です。

 

昨日夕飯と作っている時に

 

にんじんといっしょに右手の薬指の先っちょをスライサーしてしまいました・・・・(×Д×ι)

 

痛いし血は止まんないし。

 

それよりなりより主婦活動のしにくい事!!

 

以外と薬指の役目は大きかったんだなと感じ入った今日この頃でございます。

 

皆様くれぐれもスライサーにはご注意下さい・・・・

 

 

さてお待ちかね、11月2・3日に行われた秋の大祭についてのレポートです。

 

夜の6時、花火と共にお祭りのスタートです。

 

Photo  

いつもは真っ暗で人気のない神社の入り口もライトアップ♪

 

2日に行われた前夜祭?では伝統行事である『備中神楽』が奉納されました。

 

リンクのOKは頂いてないのですがせっかくの機会なのでをクリック♪

 

詳しい説明が書かれてます。

 

1

備中神楽は備中地域に残る原始信仰の荒神の鎮魂祭りの中で育てられて来たものです。

時代の流れと共に少しずつ神事色の強いものから演劇性が高いものへと変化していきましたが、

古い信仰の精神を受け継いで民衆、観衆の心を捉えて放さないのは今も変わりありません。

 

かく言う私も初!でしたが完全にカメラ小僧と成り果てました(笑)

 

21_2

 

22

ぶれていますが、この写真は動座加持と言って

荒神をはじめ、八百(やおよろず)の神々を勧誘し、鎮座を願う神事です。

詳しくはコチラを→白蓋神事

紙ふぶきが舞ってとっても綺麗でした♪

 

この2枚は神殿神事(こうどのしんじ)の一部。

 

話は進んで神代神楽、国譲りとなります。

31

 

32

独特の囃子で力強い舞をする経津主(ふつぬし)・武甕槌(たけみかづち)の命の
両神

手の動作が独特でした。

4

そして大国主の命(寿福増長、福徳円満の神・神楽では、氏子、見物人に餅、みかん、菓子のお宝を下さる)の柔らかで美しい舞の後に餅なげが入りました。

Photo_2  

阿鼻叫喚の図(笑)

 

この頃になると振る舞い酒もピークに達し

酔い衆達がざわざわ活動し始める時間となります。

 

5  

この方なんだったけ~?忘れた。

 

Photo_3  

せっかくなので酔っ払いを激写!!

 

6  

事代主の命(ことしろぬしのみこと)の舞。

おっとりしてそうだがブレから分かるようにとっても動きが早かったです。

そして国譲りのクライマックス、

建御名方(たけみなかた)の命二柱(ふたばしら)(二神)との戦闘場面です

7  

素面(面を付けてない、素顔の状態の事)で舞うのは備中神楽の大きな特徴の一つです。

でも激しい動きにも表情を変えず舞う姿はとても神々しく見えました。

8  

動きが早くてシャッターが追いつきません(~_~;)

91

建御名方の命の舞。

ここから上の二柱との戦闘の舞になるのですが。。。。

 

この時点ですでに10時、寒さもピークに達した為帰宅しました(^_^;)

 

詳しく知りたい方は『備中神楽』で検索して見て下さい♪♪

 

さてさてその後、私は先に就寝し

 

深夜2時、祭りの役をしてた義父もえーこちゃんで帰って、警護で出ていた主人もその30分後帰宅、

 

やれやれ、これで安心して眠れると思った矢先、

 

どっかの酔っ払いの声が近くで聞こえ・・・だんだん近づいて来る。

 

来る、、、、

 

キ…(- -;)キ(。- ;)キ!(-;;  )キッ!(   )キタ(  ;゚)キタ!

 

∑( ;°д°)!!∑∑(;°□°; )キタ━━!

 

なんとその酔っ払いオトコ、

 

庭に止めておいた私の車をおもむろに開け、

 

 

寝こけた!!(||゚益゚)ヒィィィ!(゚益゚||)

 

 

すいません、ロックしてなかったんです・・・っていっつもしてないんです。

 

流石の出来事にあわてて主人を起こし、母屋にいる義父を叩き起こして(笑)

 

どこの誰かを確認、

 

そして仕方なしに義姉と義父で送迎してあげました。

 

結局寝たか寝てないのか分からない状態で朝を迎え、車内を確認。。。

 

なぜかどろどろ、クッションやひざ掛けはびしょ。

 

マットも泥だらけ・・・・

 

うちにはあと3台の軽四があるのに、(しかもみーんなロックしてません)

 

なぜ私のなの???

 

せっかく楽しかった神楽が台無しになった気がしました・・・が

 

後日お詫びの電話と一品が届いたのでこらえる事にしました。

 

皆様、お酒の呑みすぎ、呑ませ過ぎには十分ご注意して下さい。

 

 

そして祭りはメインイベントを迎えます。

 

次回へ続く。

 

 

おまけ↓

私の腕枕で寝かけてるはーこちん

P1040059  

目つきが微妙ですが(;^A^)

 

P1040057  

なでなですると目をしぱしぱ。

 

P1040056  

幸せ?

|

« 祭りの後。 | トップページ | 秋の大祭のご報告2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

山里さん、手は大丈夫ですか?主婦は手が命ですからね。楽しみにしていたお祭りでした。貴重な写真ありがとうございます。本当にめずらしい舞ですね。備中神楽せっかくなので、クリックして見に行って来ました。保存会の人たちも大変ですよね。現代に受け継ぐと言うことは。車も大変なめにあってしまいましたね。なんで、私の車なの~と言う感じですね。はーこちゃんの猫湯たんぽで癒されますね

投稿: たまちゃん | 2007年11月14日 (水) 20:20

うわぁ…想像しただけで自分の指まで痛い気がしてきます><; 写真の指、痛々しい…早く傷口がふさがりますように。
お祭りはすごく興味かったです。こういう昔からの神事とか見たことなくて。伝統文化を引き継いでいるって素晴らしいですね。
はーこちゃんの最後のお顔、すごく優しい表情でいい感じです^^

投稿: 桜子 | 2007年11月14日 (水) 20:35

指が痛々しいです。
バンソーコになりたい!(笑)

祭りの詳細なレポート有難うございます。
前にも書きましたがこういう地方の文化って好きなんです。
写真を見ていて「ああー、俺も宿とって撮りてぇぇぇーー!」って思いました。
もう、持っていくレンズなんか直ぐにチョイスで来ちゃった。(笑)
皆さん、とっても楽しい顔してますね!
そして、軽の出来事が笑えます。
ロックしてないんですね。
こっちじゃ考えられませんよ。
それだけ平和ないいとこなんでしょうね。
んでんで、最後のはーこちゃん!
代わってくれ~~~~!(笑)
うちの子、だーれもしてくれんです。

投稿: チャコ | 2007年11月15日 (木) 20:51

こんばんは~!
山里さん手大丈夫ですか?
絆創膏が痛々しいです・・・
怪我して分かるんですけど手ってどの指も結構大事やったりするんですよね~
お大事にしてください
お祭は楽しそう♪
こういった昔ながらの祭や行事って昔は嫌でしたけど今はそういうのも大事やな~って思えるんです
ま、酔っ払いのおじさん&車事件はいただけないですけど^_^;
ホント鍵しないでいいってすごいですね~
私もチャコさんと一緒で平和なんやって思えました♪
なんかいいな~♪
はーこちゃんは絶対幸せやと思う♪

投稿: miki | 2007年11月16日 (金) 02:34

山里さん大丈夫?指スライス、ウッ想像しても痛(>_<)早くよくなりますように。
車も災難でしたね。
でも今時ロックしないでいられる所があるなんて(@_@)
シンジラレナーイ!いいところですね~。
盛大なお祭りでしたね。17年に一度ということは、伝統を伝えるの大変でしょうね。地元の皆さんのご苦労がしのばれます。

投稿: tampopo39 | 2007年11月17日 (土) 11:40

たまちゃんさん♪
手はだいぶ治りましたよ。
ただまだちょっと痛いのでうまくキーボードが打てません(^_^;)
お祭り写真、楽しんでいただけたらうれしいです!
まだ続編がありますので、、、 
 
 
 
 
桜子さん♪
スライスした時はあまり痛みを感じなかったのですが寝る前になってじくじく痛み始めて・・(ーー;)
傷口は塞がったのですが痛みがまだ取れてません。
こういう行事、やはり田舎ならではでしょうか、豊作を感謝するといった意味合いもあるようで。
最近はこういう事をする所も規模が縮小されてきつつありますが、残していきたいと思ってます。
 
 
 
 
チャコさん♪
血だらけになりますよ(笑)
しかもABの血がしみ込んで、しかも山里の血ですからね、あ、セミ、カマキリが平気になるかも!?
宿泊してもらってもいいのですが、前の晩から酒びたりになりますよ?こっちははんぱじゃないぐらいやるんですから!
車のロックの件は私の家に危機管理能力がないんでしょう(笑)
 
 
 
mikiさん♪
指の件、ほんと5本そろってるという事がどれだけありがたいかよく分かりました。
使ってないようでさりげなく使ってるんですよね。
特にキーボード打つときが困った!ちょーど当たって痛いんですよ(^_^;)
 
 
 
 
tampopo39さん♪
傷口は塞がったのですが痛みが取れません。
よく見れば一部分明らかに欠けてるんですよね(^_^;)
写真を載せようか迷ってます。
車はロックしたほうがいいんでしょうね、やっぱり^_^;その後一週間ぐらいはロックしてたのですが、今はしてません。
のど元過ぎれば~かしら?(笑)
お祭りは2ヶ月前ぐらいから役の方々が準備をされていて大変だったみたいです。
でも役の方々も大変ながらも楽しんで当日を迎えていたのでその辺りが昔ながらの「お祭り男」なんでしょうね。

投稿: 山里 | 2007年11月19日 (月) 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祭りの後。 | トップページ | 秋の大祭のご報告2 »